---------------- スポンサードリンク ----------------

帰国日の流れについて

楽しかったグアム旅行の最終日はどの様にして帰国するのかについて詳しく説明します。

 

流れにつきまして、まずはグアム旅行をツアーで行かれた方の場合の説明となります。

ホテルをチェックアウトします

日本への帰国日には宿泊したホテルのチェックアウトを各個人で行います。

 

ツアーでは宿泊したホテルのロビーへのスタッフのお迎え時間が記載されていると思いますので、その時間までにホテルをチェックアウトする必要があります。

 

スーツケースに荷物を入れましたら、忘れ物が無いかチェックしましょう。

 

貴重品の保管に使用した金庫や、ワードローブの引出し、バスルームなどは忘れ物をしやすい場所ですから、しっかりチェックしましょう。

 

チェックが完了しましたらホテルのフロントに行き、ルームキーを返してチェックアウトします。

 

チェックアウトの際はフロントのスタッフに「チェックアウト・プリーズ」といえば受け付けてくれます。

 

部屋番号を聞かれることもありますが、大体の場合はルームキーを渡せばわかります。

 

この際に部屋の冷蔵庫を使った料金や、ホテル内のレストランを利用して部屋付けにした食事代金、ビーチで借りた遊具の代金などがあれば請求されますので支払を済ませます。

 

支払の際には利用明細を印刷してくれますので、内容をチェックして支払します。

 

支払は現金またはクレジットカードにより行います。

 

支払が終わり領収書をもらえばチェックアウトは完了です。

 

ホテルのカウンターは時間によってチェックアウトの人が重なって非常に混むことがあります。

 

チェックアウトは時間に余裕を持ってするのがお勧めです。

ホテルから空港へ向かいます

ツアーの場合にはチェックアウトしたらホテルのロビーで旅行会社のスタッフが迎えに来てくれるまで待ちます。

 

ツアーのスタッフは名前を呼んでくれますので、名前が呼ばれましたらスーツケースを持って行き、空港まで行くバスに乗り込みます。

 

 

ツアーのスタッフは日本人の場合は良いのですが、日本人では無い場合ですと日本語の発音が分かり難い人もたまにいます。

 

「あれ? 呼ばれたかな?」と思った時はスタッフに自分の名前を言って呼んだか聞くことをお勧めします。

 

我が家は大手旅行会社のツアーで日本人では無いスタッフに、何度も呼んでいたと言われ不機嫌な顔をされたことがあり、嫌な思いをしたことがあります。

 

空港までのバスに乗りましたら、帰国する飛行機会社のカウンターまで連れて行ってくれます。

--------- スポンサードリンク ---------

空港で航空会社のチェックイン

旅行会社によっては航空会社のカウンターの場所まで案内して終わりの場合と、チェックインカウンターの後ろにスタッフが居てチェックインカウンターでトラブルが無いか見ていてくれる場合があります。

 

 

チェックインカウンターの前に並びましたらパスポートと搭乗券を用意しましょう。

 

自分の番になりましたらグループ単位でパスポートと搭乗券を渡し、スーツケースを重量を計るカウンターに乗せます。

 

機内に預けるスーツケースに航空会社のタグを付けてもらったらスーツケースを台から降ろします。

 

パスポートと搭乗券、スーツケースの預かり証をもらいましたら自分でスーツケースを検査場まで運びます。

 

検査場には係員が居てスーツケースを受けてってくれます。

 

 

スーツケースはここで検査を受け、問題なければ帰国する飛行機まで何もしなくても乗せてくれます。

 

これで航空会社のチェクインは終了で、エスカレーで空港3階にあります手荷物検査場に向かいます。

 

手荷物検査場について

空港3階にある手荷物検査場では日本の出国時と同じ様に機内に持ち込みます荷物などの検査が行われます。

 

 

靴やサンダル、ジャケットなどの上着も脱いで、トレーの上に乗せて検査を受けます。

 

トレーに乗せて検査機に荷物を通過させましたら、ボディチェックのゲートをくぐります。

 

ポケットの小銭やベルトの大きなバックル、腕時計も検査に引っかかることがありますので、カバンに一時入れて検査を受けるのがお勧めです。

 

グアムでは帰国時の出国検査はありませんので、手荷物検査が終わりますといきなり免税店となります。

 

空港にて出発までの過ごし方について

手荷物検査が終わりましたら、まず行って欲しいのは自分が帰国時に乗る飛行機の搭乗場所と機内に乗り込みが開始される時間です。

 

チェックインカウンターでもらった搭乗券に記載されていますが、変更となる場合がありますので、再度空港内に表示されているモニターで確認しましょう。

 

搭乗場所は手荷物検査場を出て右側なのか、左側なのかは最低でも確認しておいてください。

 

ここから一番遠い搭乗口までは歩いて5分以上かかります。

 

搭乗口と時間を確認しましたら免税店でのショッピングとフードコートでの食事を楽しむことができます。

 

 

 

グアム空港の帰国時に利用できる免税店についての詳しい記事はこちらになります。

 

< ⇒ 続きを読む >

 

 

グアム空港で食事ができるフードコートについての詳しい記事はこちらになります。

 

< ⇒ 続きを読む >

 

ショッピングや食事が終わりましたら帰国時に乗る飛行機の搭乗口まで行きましょう。

機内搭乗までについて

搭乗口に着きましたら搭乗カウンターに表示されています飛行機の便名と日本の到着空港が舞違いないか確認しましょう。

 

よければ搭乗案内があるまで近くのシートに座って待ちましょう。

 

機内への搭乗はまずビジネスクラスの方、航空会社の上級会員の方、小さな子連れの方からとなります。

 

 

案内放送が流れましたら搭乗カウンターまで行き、搭乗券とパスポートを見せて飛行機に乗り込めばさようならグアムとなります。

 

 

今度はいつグアムに来ましょうか。

グアム旅行に参考になる楽天トラベルの情報はこちらです

グアム旅行やサイパン旅行でお得な旅行プランを探すのでしたらこちらの楽天トラベルのサイトはしっかりチェックしましょう。

お得な期間限定のセール品や楽天限定のプランをお見逃しなく。

優雅に海外旅行を楽しみたいのであれば、やはりビジネスクラスを利用してエコノミークラスとはレベルの違う機内食や優先サービスも楽しみたいものです。

空港でのラウンジサービスやグアム空港での優先搭乗サービスは一度体験するとビジネスクラスしか利用できなくなります。

個人手配旅行を醍醐味はホテルの良い部屋の格安な宿泊プランを見つけることです。

ツアーでは泊まれなかった宿泊代金が高い部屋がリーズナブルに宿泊できるプランや、朝食付きなどお得なプランがあるかもしれません。

個人手配旅行でしたら格安航空券を見つけて、その分を高級ホテルの部屋で宿泊するといった旅行にすることもできます。

楽天でしたら格安航空券を見つけたら安心して購入することができます。

グアム旅行の楽しみはやはりきれいな海で、シュノーケリングでもそのきれいな海を堪能することができます

グアムのホテルはビーチリゾートらしくプールも一日中楽しめるホテルが揃っています

グアムのホテルには豪華な食べ放題のレストランも多くあり、どこのレストランも美味しそうで選ぶのがまよってしまいそうです

きれいな海の景色を楽しみながらゆっくり滞在を楽しめるホテルを探しましょう

この記事では楽天に掲載されている商品をご紹介させていただいています