グアム旅行にエスタ(ESTA)を取得して行ってみました様子について教えます

グアム旅行にエスタ(ESTA)を取得して行ってみました様子について教えます

ESTA取得をした理由

 私たちのグアム旅行は今まではESTAを取得せずに、毎回グアムまでの機上でI-736およびI-94を記入していました。

 

 グアムまでのフライトは3時間以上ありますので、手隙時間に記入すればまったく問題ありませんでしたので、必要性を感じていませんでした。

 

 ではなぜ今回はESTAを取得したかといいますと、ビジネスクラスでのフライトをゆっくり楽しみたかったからです。

 

 

 ビジネスクラスはエコノミークラスよりもビールやワインをたくさん飲むことが出来ますので、酔った状態でI-736およびI-94を書くのは少しツライかなと思ったからです。

 

 

 ESTAの申請に関しては別記事で紹介させていただきますが、とても簡単で5分ほどで許可までもらうことができました。

ESTAでのグアム入国

 グアムまでの機内ではアテンダントがI-736およびI-94を配る際に必要か聞かれましたが、ESTA申請済みと伝えました。

 

 グアム到着まで飲み物や食事、映画を見て楽しむだけですから、非常にゆったりとビジネスクラスを楽しめました。

 

 これならばもっと早くESTAを取得しておけば良かったかなと思いました。

 

 グアム空港に着きますと入国審査ですが、入国審査場が比較的空いていましたし、ESTAレーンも空いていたことから、10分ほどで入国審査が終わってしまいました。

 

 ESTAが申請してありますので、入国審査にはパスポートのみ入国審査官にわたします。

 

 滞在日数や目的が聞かれ、後は親指の指紋と顔の写真を撮影するだけです。

 

 I-736およびI-94の記入事項をチェックし、スタンプを押す作業が無いだけスムーズに入国できます。

ESTAでの帰国

 グアムからの帰国時は航空会社のチェックインでもらった搭乗券にボールペンでESTAと記載されただけでした。

 

 出国カードは元々航空会社のチェックインカウンターで回収されていましたので、グアムからの出国はまったく変わりはありません。

ESTA取得してのグアム旅行の感想

 ESTAが申請してあればグアムまでの機内でI-736およびI-94の記入が不要というのが一番のメリットかなと思いました。

 

 ESTAの有効期限は2年ありますので、グアムによく行かれる方や、2年以内にハワイなどアメリカ方面の旅行に行くかもしれないという方は取得をお勧めします。

 

 また、グアム旅行がツアーの方でしたら、空港からホテルまでの送迎バスに早く乗れるかどうかの違いしか無いのですが、個人手配旅行の方でしたらホテルに早く到着できますので、ESTAによるスムーズな入国手続きの恩恵を感じることができると思います。

サイト管理

サイトは素人調査隊がグアム旅行の際に体験したことや、調べた時点の情報となっています

記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください

サイトの記事等で問題がございましたら訂正させて頂きます

大変申し訳ございませんがご連絡を頂けます様よろしくお願いいたします

連絡先

sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp