グアムのマイクロネシアモールのベジー&シーフードはだまされた気分になりました

グアムのマイクロネシアモールのベジー&シーフードはだまされた気分になりました

ベジー&シーフードでの注文

 今回のグアム旅行では肉類の食事が多く、食事の量も多かったのでマイクロネシアモールのフードコートでプレートランチを購入して、ホテルの部屋で休憩しながら食べるということにしました。

 

 できるだけ野菜類が食べたいということで、野菜炒めが多いように思えたベジー&シーフード(Veggie & Seafood)でプレートランチにしました。

 

 こちらには日本語の表示があり、1品チョイスで6ドル、2品チョイスで7ドル、3品チョイスで8.5ドルと表示され、ご飯かチャーハン、焼きそばが付き、スープまたはサラダが付くという表示でした。

 

 そこでオーダーしようとお店の前に立ちますと、3つに分かれた入れ物を持ち、おかずが何品と何も言わないのにチャーハンを入れだしましたので、焼きそばが欲しいと言いますと、容器に入れてあったチャーハンを戻し、焼きそばをその容器に入れ直しました。

 

 おかずのチョイスはまずエビがいっぱい乗ったブロッコリーとえびの炒め物が眼にとまり、多くのエビが上に乗っていておいしそうでしたから注文し、それに肉と野菜の炒め物の2品を注文しました。

 

 それでOKということでもらおうとしたら、上げ春巻きをスタッフが1本取り上げ、「サービス」と言ったことから「サンキュー」といいましたら、何と料金は3品の8.5ドルと言うではありませんか。

 

 サラダかスープのチョイスもスープが聞かれもせずに勝手にプレートランチの袋に入れられました。

 

 2チョイスでしょと言えば良いのですが、何も言わない英語のよく分からない日本人にはこういった対応をしているのかなと思い、どういったレシートがもらえるのかと思ったら、やはり3チョイスのレシートが渡されてしっかり10ドルから8.5ドルが取られておつりが渡されました。

 

 

 焼きそばやチャーハンも入れて3品ということなら良いのですが、お店にしっかりと日本語と英語で表示されている内容からすると何かだまされた気分です。

 

 文句を言った場合には、サービスとはっきり言われた上げ春巻きが1品だということで、いい訳を答えるつもりかなと疑ってしまいました。

 

 日本人は英語が出来ないし、文句も言わないことが多いといったことから、いつもこういった疑わしい対応をされていなければ良いのですがと思われた、マイクロネシアモールの韓国系か中国系かわかりませんが、ちょっと疑ってしまったベジー&シーフード(Veggie & Seafood)でした。

料理の内容はこんなもの

 

 部屋に帰って食べるためにプレートランチを開けましたが、驚いたのはブロッコリーとエビの炒め物はほとんどがブロッコリーでエビは2個しか入っていませんでした。

 

 

 料理は上に多くのエビが乗っていましたのでおいしそうということから選んだのすが、実際にはエビが高いため、見掛け倒しとなっているのでしょうか。

 

 

 味はそれほど悪くないので、ちょっとがっかりしました。
 プレートランチの内容は見ていただければわかりますが、これで3チョイスと言えるのでしょうか。

 

 

 スープも卵はほとんど入っていないもので、サービスとはサラダもおなじようなレベルのないようなのかなと勝手に想像してしまいました。

 

 

 今回は素人調査隊は一般の方と同じようなオーダーをしたのですが、こういった対応が思い違いなら良いのですが・・・・・・

サイト管理

サイトは素人調査隊がグアム旅行の際に体験したことや、調べた時点の情報となっています

記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください

サイトの記事等で問題がございましたら訂正させて頂きます

大変申し訳ございませんがご連絡を頂けます様よろしくお願いいたします

連絡先

sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp