デルタ航空のB757でグアム旅行の際の席やビジネスクラス(デルタワン)について教えます

デルタ航空のB757でグアム旅行の際の席やビジネスクラス(デルタワン)について教えます

デルタ航空のグアム便について

 デルタ航空のグアムまでの便は現在成田、名古屋セントレア、関空で就航しています。

 

 世界第2位の航空会社ですし、マイレージの有効期限がありませんのでグアム旅行によりマイレージも貯めやすいのです。

 

 ただし使用している機材は古くサービスに対するクチコミもあまり良くありません。

 

 そんなデルタ航空の使用機材と座席は次のようになります。

 

成田 ボーイング767-300ER  ボーイング757-200

 

関空 ボーイング757-200

 

名古屋セントレア ボーイング757-200

 

 ボーイング757型機のシートは55 〜 60 インチのレッグルームと150 度のリクライニングとなっていて、エコノミー座席の並びは、3‐3となっています。

 

 

 

 赤ちゃん連れのグアム旅行の方でしたら利用した設備のバシネットはこの機材では利用できません。

 

 成田からの便で1便のみ使用されていますボーイング767型機では、エコノミー席の並びは2‐3‐2で、60 インチのレッグルームと160 度のリクライニングで、パーソナルモニター付きとなっています。

 

 バシネットは13列目のC、D、E席のみで利用可能となっていますので赤ちゃん連れのグアム旅行の場合にとても便利です。

デルタ航空のビジネスクラス

 デルタ航空のビジネスクラスは機材がボーイング757-200の場合は皆さんがイメージしているような豪華な雰囲気は余りありません。

 

 足元はあまり広いとはいえませんし、パーソナルモニターもありません。

 

 

 フットレストもありませんし、リクライニングもビジネスクラスらしくないものとなっています。

 

 食事内容のみはビジネスクラスにふさわしいものとなっていますが、ビジネスクラスとの差額に合い等しいものとはなっていないと思います。

 

 3時間30分ほどのフライトですから、ビジネスクラスの料金分はグアムで宿泊するホテルのグレードアップに充当したほうが良いと思います。

 

 成田から1便のみ運行されていますボーイング767-300ERですが、こちらのビジネスクラスはシートもビジネスクラスと呼ぶのにふさわしいものとなっています。

 

 パーソナルモニターもありますのでグアムまでの短いフライトですがゆっくりと映画などを見て、ビジネスクラスの雰囲気を楽しめる内容となっています。

 

 成田発のデルタ航空のビジネスクラス利用を考えている方でしたら、絶対にボーイング767-300ERの便がお薦めです。

 

サイト管理

サイトは素人調査隊がグアム旅行の際に体験したことや、調べた時点の情報となっています

記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください

サイトの記事等で問題がございましたら訂正させて頂きます

大変申し訳ございませんがご連絡を頂けます様よろしくお願いいたします

連絡先

sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp