グアムの入国の際に必要な書類のI-94とI-736について教えます

グアムの入国の際に必要な書類のI-94とI-736について教えます

グアム入国に必要な書類について

 グアム旅行で滞在が45日以内の方でしたら、登録に14ドルかかるESTAのよりも入国に必要な書類を書くという方法があります。

 

 ESTAの有効期限が2年ありますので、2年間に何回もグアムまたはハワイなど米国に行く方でしたら、ESTAの方が便利です。

 

 我が家は多くても年に数回ですから、グアムまでの飛行機内でI-94とI-736の書類を記入します。

 

 内容はとても簡単なので、記入には2〜3分しか我が家はかかりません。

 

 万が一記入の間違いがあっても、グアム空港の入国審査前に空港スタッフがいてチェックしてくれますので、その場で訂正するだけです。

 

 我が家も間違えてビザの記入欄に記入していましたら、横線で消してくださいとチェックされて訂正して問題ありませんでした。

I―94の記入について

 

I―94の記入は表面だけで、裏は書く必要がありません。

@ 姓 A 名
B 生年月日 C 国籍 (JAPAN)
D 性別 男性はMALE 女性はFEMALE E パスポート発行年月日
F パスポート満了日 G パスポート番号
H 乗ってきた航空会社の略号とフライトナンバー I 居住地 (JAPAN)
J 飛行機の搭乗地 KとLはビザについてですから通常は未記入
M グアムで滞在するホテル名 N 滞在する島の名前でいいのでGUAMと記入でOK
O グアム滞在中に連絡可能な電話番号 P グアム滞在中に連絡可能なEメールアドレス
Q @と同じ R Aと同じ
S Bと同じ 21 Cと同じ
   

 

 従来と同じ書類のI−94ですが書式と記入事項が少し変更されていまして、グアムでの滞在中の電話番号と、Eメールのアドレスの記入欄があります。

 

 私はグアムで滞在するホテルの電話番号と、携帯のアドレスを記入しておきましたが、そのまま問題なく通過しました。

I―736記入について

 

I―736はグアム島査証免除説明カードです。

@ 姓 A 名
B 他に用いる名ですが、日本人には不要と思います C 生年月日
D 出生地 E パスポート番号
F パスポートの発行年月日 G 以前に発行されたビザがある場合には記入
H 該当しなければいいえの欄にチェック I ローマ字のサイン
J 記入した日の日付  

 

と簡単な内容となっています。
 グアムに入国のために必要な書類で、機内で配られるには以前とは少し違って、グアムーCNMI(北マリアナ諸島米国自治連邦区)ビザ免除に関する情報という書類のI−735となっています。
 この書類は2010年の8月より必要となったようです。
 後は税関、免疫申請書を記入するだけで、グアム税関申請用紙は以前と変わりません。

サイト管理

サイトは素人調査隊がグアム旅行の際に体験したことや、調べた時点の情報となっています

記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください

サイトの記事等で問題がございましたら訂正させて頂きます

大変申し訳ございませんがご連絡を頂けます様よろしくお願いいたします

連絡先

sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp