グアム旅行でチップはどういった時にいくらほどの金額を渡すと良いかについて教えます

グアム旅行でチップはどういった時にいくらほどの金額を渡すと良いかについて教えます

素人調査隊のグアム旅行のチップ

 チップの習慣が無い日本人にとって、海外旅行の際にチップが必要な国に行くときには、チップの払い方についてどうすれば良いのか悩む方も多いと思います。

 

 グアム旅行でチップを渡そうかどうか迷った場合にはチップを気前良く渡しましょう。

 

 2ドル払っても200円、5ドル払っても500円ですから、これで気持ちよくサービスが受けられるのでしたら安いものです。

 

 せっかくのグアム旅行ですから、少しの金額のチップの支払を渋るよりも、気持ちよくチップを渡して良い思いをした方が良いと思います。

 

 グアム旅行の際に素人調査隊が実際にチップを払っている時及び金額は次のようになります。

ホテルの宿泊時に必要なチップ

@グアム空港からホテル、ホテルからグアム空港までホテルの車で送迎してもらう場合、ドライバーに一人あたり2ドル払っています。

 

グアム旅行が2人の場合でしたら5ドル札で払うのもスマートで良いと思います。

 

グアム旅行がツアー参加の場合で、ツアーのバスでの送迎の場合はドライバーにチップは支払いません。

 

Aグアムのホテルにチェックインした際に部屋まで荷物を運んでもらう場合は、荷物1個につき2ドル支払います。

 

スーツケースが重い場合には3ドル支払うことがあります。

 

B宿泊する部屋の掃除をするために、毎朝ベッドのサイドテーブルにチップを一人当たり1ドル置いておきます。

 

ただし宿泊する部屋がスイートルームなどグレードの高い部屋の場合は一人当たり2ドルとしています。

 

C ホテルのコンシェルジュにレストランの予約をしてもらう時などには1ドルを支払っています。

食事の時に必要なチップ

@レストランを利用した場合には飲食代金の20%ほどをチップとしています。

 

以前は15%ほどにしていましたが、アメリカでのチップの水準は20%ほどで、日本人を含む東洋人はケチという記事を見てから、20%払うようにしています。

 

ただしレストランによっては請求書の金額にすでにチップが加算されていることがありますので、2重払いにならないようにチェックはしています。

 

ロイズなどで食事をした場合には、現金でしたら支払時に運ばれて来たレシートがはさまれたファイルに食事代金と20%ほどのチップを合計した金額をドル紙幣で挟んで退席しています。

 

カード払いの場合は明細にチップが加算されていればサインしておけば良いですし、チップが含まれていない場合はチップを書き込むだけでOKです。

 

Aチップがいらないのはキングバガーなどのファーストフード店の利用や、フードコートでの食事の時だけです。

 

キングスやデニーズなどファミリーレストラン利用の場合はチップ不用と思われる方も多いのですが、ローカルはテーブルに一人当たり1ドルを置いていますので、置いておくのがスマートと思います。

 

 

Bホテルのビュフェレストラン利用の場合で、請求書にサービス料が加算されている場合には払いません。

 

Cレストランの車で送迎してもらう場合には、素人調査隊は家族で5ドルをドライバーにチップとして支払をしています。


タクシーに乗る場合

 グアムでショッピングセンターの移動をスムーズにするためにタクシーに乗ることが素人調査隊はよくあります。

 

 タクシーを利用した場合のチップは利用代金の10%〜15%ほどを払っています。 

 

 支払金額がドル紙幣でキリの良い金額となるようにしています。

 

 最近はホテルにタクシーがいない場合がありますが、そういった場合にはタクシーをベルボーイに呼んでもらうのですが、そういった場合にはベルボーイに1ドル渡しましょう。

サイト管理

サイトは素人調査隊がグアム旅行の際に体験したことや、調べた時点の情報となっています

記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください

サイトの記事等で問題がございましたら訂正させて頂きます

大変申し訳ございませんがご連絡を頂けます様よろしくお願いいたします

連絡先

sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp