グアムでの日焼け止めのおすすめ 紫外線吸収剤と散乱剤について教えます

グアムでの日焼け止めのおすすめ 紫外線吸収剤と散乱剤について教えます

日焼け止めの種類について

 グアム旅行で天気の良い日にビーチやプールで遊ぶ場合に、日焼け止めを塗らないで長時間太陽を浴びていますと日焼けが進行して軽いやけど状態になってしまうこともあります。

 

 そういったことにならないために、日焼け止めを塗ることが必要です。

 

 皆さんは日焼け止めといっても2種類あるのをご存知でしょうか。

 

 日焼け止めには様々なものがありますが、大きく分けて紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2つの成分にわけられます。

 

 拡散剤は紫外線を反射させ肌に紫外線が届くのを防ぎ、吸収剤は紫外線を吸収して防ぐといったものです。

 

 紫外線散乱剤は酸化チタンや酸化亜鉛といった鉱物由来の成分のものが主体であり、紫外線吸収剤は合成化合物が使用されています。

 

 紫外線吸収剤は紫外線を吸収し、熱エネルギーに変えることで肌への浸透を防ぐというものですから、化学変化により皮膚への浸透を防いでいることから、肌の弱い方などは肌への負担によりアレルギーや炎症を起こすこともあるようです。

 

 そのため日本では日焼け止めの成分は認められたもの以外は配合されていません。

 

紫外線吸収剤と散乱剤のどちらが良いか

 

 最近では日焼け止めの紫外線吸収剤不使用の製品が注目されていますが、これは紫外線吸収剤が紫外線を吸収することによって起こる酸化が肌への影響があることから、紫外線吸収剤の使用頻度が高くなると肌の基礎体力を損なっていくとのことがあるためです。

 

 また、紫外線散乱剤に使用されています酸化亜鉛や酸化チタンは薬用成分ですから、こちらもあまり多くの肌への塗布は控えたいものです。

 

グアムでは長時間日光の下にいる場合が多いので、SPF50など高かいSPF値が出せる紫外線吸収剤の方が、何度も塗りなおしをしなくても済みますので便利なことは確かです。

 

 今まで紫外線吸収剤を使用されて肌にトラブルが無い方は長時間効果がある高SPFの紫外線吸収剤でも良いのではないでしょうか。

 

ちなみに私はSPF50+の日焼け止めを使用しています。

 

 肌の弱い方は紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを使用され、何回も塗り直すのがお勧めと思います。

サイト管理

サイトは素人調査隊がグアム旅行の際に体験したことや、調べた時点の情報となっています

記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください

サイトの記事等で問題がございましたら訂正させて頂きます

大変申し訳ございませんがご連絡を頂けます様よろしくお願いいたします

連絡先

sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp