グアム旅行ではESTAが登録してあれば税関・検疫申告書のみでOKなことについて教えます

グアム旅行ではESTAが登録してあれば税関・検疫申告書のみでOKなことについて教えます

エスタ登録がしてある入国手順

 グアム旅行の際にESTAの登録がされている方は、入国の際はパスポートと税関・検疫申告書があれば良いのです。

 

 グアムまでの飛行機を降りましたら入国審査場まで進みますが、グアム空港にはESTA登録者のためのESTAレーンがありますので、そちらに並びましょう。

 

 入国審査官に呼ばれましたらパスポートを出し、指紋と顔の撮影が行われます。

 

 旅行目的やグアムは何回目などと英語で聞かれることがありますが、応えないと日本語で聞きなおしてくれますので、問題ありません。

 

 グアム観光の7割は日本人なのだから、最初から日本語で聞いてくれればと・・・・

 

 入国審査が終われば正面左手にあるエスカレーターで下の階に降り、飛行機に預けたスーツケースを、自分が乗ってきた飛行機の便名が表示されたターンテーブルで待ちます。

 

 自分のスーツケースを受け取ったら正面出入口前にいる税関職員に税関・検疫申告書を渡せばよいのです。

 

 税関も通常は記載事項を確認してすぐに通してくれますので、とても簡単にグアムに入国できるのです。

 

 ESTAを登録されている方はグアムまでの機内で税関・検疫申告書だけを記入すればよいのです。

検疫申告書の注意点

 税関・検疫申告書の書き方はとても簡単で、ローマ字で記入すればよいのですが、書き方を知りたい方は詳しく書かれている記事をご覧ください。

 

 グアム入国の際に記入する税関・検疫申告書ですが、気をつけなければならない事項が2つあります。

 

 ひとつは1万ドル以上の現金の持込で、こちらは対象の方は少ないと思いますので申告のみして頂ければよいのですが、問題はコンドミニアム滞在などの方で日本から食品を持ち込む場合です。

 

 肉、牛乳、卵を含む動物性食品という項目があり、持参している方は申告が必要です。

 

 ただし、持っていると申告しますと没収となるはずです。

 

 実はこれらの物はグアムに限らず多くの国で持ち込みが禁止されているのです。

 

 肉のエキスを含んだカップラーメンやスナックも同様ですから、注意が必要です。

 

 

 申告は無いとなっているのに所持していることが発覚し、罰金ということにならないためにも注意しましょう。

 

 日本から持ち込まなくても、グアムのスーパーではたくさんの食品が販売されていますので、グアムで調達することをお勧めします。


サイト管理

サイトは素人調査隊がグアム旅行の際に体験したことや、調べた時点の情報となっています

記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください

サイトの記事等で問題がございましたら訂正させて頂きます

大変申し訳ございませんがご連絡を頂けます様よろしくお願いいたします

連絡先

sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp