---------------- スポンサードリンク ----------------

海中展望台でグアムの綺麗な海を見る

 フィッシュアイマリンパークの海中展望台はピティ湾海洋保護区にありますので、海中はサンゴが多く、魚も非常に多いため、天気のいい日には海底の白い砂と相まってブルーの海がとても綺麗です。

 

 風の強い日はちょっと大変ですが、桟橋のゲートから桟橋を歩きながら海中展望台に向かいます。

 

Photo courtesy of Guam Visitors Bureau

 

 途中で海中を覗きますと白い砂、多くの魚、サンゴを見る事が出来ます。

 

 天気によってグアムの海はエメラルドグリーンと一言で言ってもいろいろ色で楽しむことができます。

 

 夕暮れ時には桟橋から西の空に広がる壮大な夕焼けを見ることも出来ます。

 

Photo courtesy of Guam Visitors Bureau

 

 桟橋途中の左側にはシーウォーク用のプラットホームがあり、時間によっては潜っている人を見ることもできます。

 

 海中展望塔に到着しますとラセン階段を降り、水深10mにあります海中観察室から海中の様子を見る事ができます。

 

Photo courtesy of Guam Visitors Bureau

 

 各方向にあります観察窓から海中の様子を見ることができます。

 

 たまにダイビングを楽しんでいるダイバーを見ることができます。

 

 海中展望塔のある場所は、私たちは実際に廻りでダイビングしたのでよくわかりますが、サンゴがとても多く綺麗で、200種類ほどの多くの魚がいます。

 

 観察窓のところにあるイソギンチャクにはクマノミがいますので、ニモを見ることができます。

 

 黄色に輝くチョウチョウウオ、ブダイ、カスミアジ、ヘラヤガラ、オジサン、フエダイなど、パンフレットに載っている魚を探していますと、時間があっという間にたってしまいます。

 

 ただし結構海中展望台は狭いので、魚を見ることが興味のない方は、海中を見るだけでは物足りなく感じる方も多いかも知れません。

 


Photo courtesy of Guam Visitors Bureau

 

 そういった方にはボムホール・シュノーケリングツアーかシーウォーカーとイルカウォッチングクルーズがセットになったフィッシュアイ・スペシャルツアーですと、グアムの海を十分堪能できるのではないでしょうか。

 

グアム,水族館,海中展望,フィッシュアイマリンパーク,割引

--------- スポンサードリンク ---------

海中展望塔の料金と営業時間と割引情報

フィシュアイマリンパークをオプショナルツアーで楽しむのであれば、ホテルまでの送迎とランチが付いたツアーがゆっくりと楽しむことが出来て良いと思います。

 

 もちろん自分でレンタカーで行ける方であれば、入場料金だけで楽しむことがお薦めです。

 

  海中展望台見学料金   大人(12歳以上)10ドル
  子供(6−11歳)5ドル   幼児(5歳以下) 無料

 

 

Photo courtesy of Guam Visitors Bureau

 

 Alan1.netからのオプションツアー申し込みで、5日前の早割りで予約しますと6%〜10%オフでフィッシュアイ・スペシャルツアーが申し込めます。

 

 


Photo courtesy of Guam Visitors Bureau

フィッシュアイマリンパークのビジターセンター

 ビジターセンターにはオープンエアーのレストランがあり、ツアーのランチが付いている場合にはここでチャモロバイキングランチ食べ、夜にはポリネシアンディナーショーの会場となります。

 

 レストランの営業時間はランチは午前11時〜午後2時、ディナーショーは午後6時30分〜午後9時となっています。

 

 お土産のあるロゴショップがあり、絵葉書やTシャツなどのフィッシュアイ・オリジナル商品、海や魚のモチーフのおみやげが販売されています。

 


Photo courtesy of Guam Visitors Bureau

フィッシュアイマリンパークの海中水族館のツアーの様子がわかる動画


ちょっと古い動画なのですが、フィッシュアイマリンパーク全体の様子がよくわかる動画です。

 

 

 展望台から見ることができる海中の様子です。

 

 餌付けがしてありますので、とても多くの魚が集まってくるのです。

 

フィッシュアイマリンパークの場所と行き方

グアムの海中の様子を見る水族館の様なフィッシュアイマリンパークは、ホテル街のタモン地区から13キロほど南西の場所にあります。

 

 ・レンタカーで行く

 

 タモ ン湾やアガニア湾のホテルからは、海岸線に沿ったマリン・ドライブを南西に向かって走り、アサン村にある太平洋戦争国立歴史公園を過ぎますと右側の海上に、永い橋が海に向かって伸びている海中展望塔が見えてきます。

 

Photo courtesy of Guam Visitors Bureau

 

 海中展望台は右側ですが、フィッシュアイマリンパークのビジターセンターは左側にあります。

 


Photo courtesy of Guam Visitors Bureau

 

 海中展望台の方に公園の様になった駐車場がありますので、ここに車を停めておきます。

 

 ここはビーチダイビングのポイントですので、ダイビングの車も停まっていますし、トイレなどもあります。

 

 ・タクシーで行く

 

 タモン地区の各ホテルからはホテルの場所にもよりますが20分弱で到着できます。

 

 タクシー料金は35〜45ドル程度になると思います。

 

 アガ二ア地区のホテルからはタモンよりも近いため、10分程度で到着できます。

 

 ・ツアーで行く

 

 各ツアー会社からフィッシュアイマリンパークを見学するツアーがあります。

 

 フィッシュアイマリンパークが企画しているランチ付きのツアーですと、各ホテルからの往復送迎、海洋教室(DVD鑑賞)、海中展望塔見学、チャモロバイキングランチのセットで大人37ドル、子供20ドル、5才以下無料となっています。

 


Photo courtesy of Guam Visitors Bureau

フィッシュアイマリンパークのお勧めの行き方

 
Photo courtesy of Guam Visitors Bureau

 

 ではどれがお徳かといいますと、4人家族でタモンのホテルからタクシーですと往復のタクシー代金が45×2=90ドル、入場料が4人で40ドルの合計130ドルとなります。

 

 フィッシュアイマリンパークのツアーですと大人35×2+20×2=110ドルとなり、チャモロバイキングランチも食べられてしまいます。

 

 ランチの内容はスープ、チキンとローカル野菜のブラックビーンズソース、スパニッシュオムレツ、シーフード八宝菜、フィッシュアイ特製ビーフカレー、ビーフショートリブ、チャモロ風パンシット、チキンキャラグエン、レッドライス、冷やしそうめんとご飯、フルーツ&サラダバーなどが食べ放題です。

 

 レンタカー利用の方以外はツアーの方が各ホテルへの送迎時間の関係で、時間がかかってしまうという欠点はありますが、料金的にはお徳です。

 

 我が家のお勧めはポリネシアンディナーショーと海中展望台見学のセットのツアーか、シュノーケリングと海中展望台見学、ランチがセットになったツアーです。

 

 ポリネシアンディナーショーと海中展望台見学のセットの場合は夕方の海を見ますので、日中の水中ほど明るく綺麗ではないということが欠点です。

 

Photo courtesy of Guam Visitors Bureau

 

 でもポリネシアンディナーショーはグアムのショーとしては一番いいと思いますので、綺麗なピティ海洋保護区での本格的なシュノーケリングとどちらを取るかは難しいところです。

グアム旅行に参考になる楽天トラベルの情報はこちらです

グアム旅行やサイパン旅行でお得な旅行プランを探すのでしたらこちらの楽天トラベルのサイトはしっかりチェックしましょう。

お得な期間限定のセール品や楽天限定のプランをお見逃しなく。

優雅に海外旅行を楽しみたいのであれば、やはりビジネスクラスを利用してエコノミークラスとはレベルの違う機内食や優先サービスも楽しみたいものです。

空港でのラウンジサービスやグアム空港での優先搭乗サービスは一度体験するとビジネスクラスしか利用できなくなります。

個人手配旅行を醍醐味はホテルの良い部屋の格安な宿泊プランを見つけることです。

ツアーでは泊まれなかった宿泊代金が高い部屋がリーズナブルに宿泊できるプランや、朝食付きなどお得なプランがあるかもしれません。

個人手配旅行でしたら格安航空券を見つけて、その分を高級ホテルの部屋で宿泊するといった旅行にすることもできます。

楽天でしたら格安航空券を見つけたら安心して購入することができます。

グアム旅行の楽しみはやはりきれいな海で、シュノーケリングでもそのきれいな海を堪能することができます

グアムのホテルはビーチリゾートらしくプールも一日中楽しめるホテルが揃っています

グアムのホテルには豪華な食べ放題のレストランも多くあり、どこのレストランも美味しそうで選ぶのがまよってしまいそうです

きれいな海の景色を楽しみながらゆっくり滞在を楽しめるホテルを探しましょう

この記事では楽天に掲載されている商品をご紹介させていただいています