グアムのひょっこりひょうたん島と言われるアルパット島で遊んだ様子について教えます

グアムのひょっこりひょうたん島と言われるアルパット島で遊んだ様子について教えます

グアムのひょうたん島について

 グアム旅行で無人島に行って冒険などして遊びたいという方には、気軽に楽しめるひょっこりひょうたん島のモデルとなったアルパット島などいかがでしょうか。

 

 アルパット島はタモン湾ではなく、オンワードビーチリゾートやシェラトンラグーナ、サンタフェホテルがあるアガニャ湾にあります。

 

 オンワードビーチリゾートのビーチから見るアルパット島は、ひょっこりひょうたん島のモデルとなった島と言われますと、ひょっこりひょうたん島に見えてくるから不思議です。

 

 

 ホテルから見えるひょっこりひょうたん島を見ていますと、島まで行ってみたいという冒険心が湧いてくるのは私だけではないはずです。

 

ひょっこりひょうたん島までの行き方

 

 アガニャ湾のアルパット島はシェラトンからとオンワード側のどちらからも行くことが出来ます。

 

 どちらからもカヌーで島まで渡ることになりますが、干潮の時にはオンワードのビーチからでしたら歩いて行くこともできます。

 

 ただし島まで渡る途中は大人の腰までの深さの場所がありますので、子供はライフジャケットを着用しましょう。

 

 

 オンワードからのカヌーは、オンワードの宿泊者であれば何回でも無料で利用することが出来ます。

 

 グアムシェラトンからのカヤックはスイートルーム宿泊の方は無料ですが、それ以外の方は有料となり、料金は12才以上が10ドル、6才〜11才が5ドルとなっています。

 

 

 カヌーの予約の必要はなく、ISA Aqua Sportsまで行けば順番にアルパット島まで行くことができます。

 

アルパット島について

 

 アルパット島の周りの海はシュノーケリングをしてもあまり面白くない海です。

 

 もちろん魚もいますし、サンゴもありますが、イパオビーチとは透明度からしても雲泥の差となります。

 

 アルパット島はあくまでも無人島に向かうカヌーでのアドベンチャー気分を味わうのが良いのではないでしょうか。

 

 

 島では上陸して島の木々の中にも入って行き、島の中心にも行けますが、眺望が良いわけではないので、無人島のビーチで少し遊んで冒険気分を満喫しましょう。

 

 

 

 

ひょうたん島の場所

サイト管理

サイトは素人調査隊がグアム旅行の際に体験したことや、調べた時点の情報となっています

記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください

サイトの記事等で問題がございましたら訂正させて頂きます

大変申し訳ございませんがご連絡を頂けます様よろしくお願いいたします

連絡先

sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp