---------------- スポンサードリンク ----------------

グアムのチャモロビレッジ ナイトマーケットへの行き方

 グアムで毎週水曜日の夜に開催されていますチャモロビレッジのナイトマーケットに行くにはツアーを利用する方法と赤いシャトルバスを利用して行く方法があります。

 

 一番格安に行くには赤いトロリーバスのチャモロビレッジシャトルバスで片道4ドルで利用できますのでお勧めです。

 

 帰りのチケットを購入するのも大変ですから往復のチケットがお勧めで、往復では7ドルと料金もお得になっています。

 

 以前は5日券などでもナイトシャトルに乗車できましたが、現在は乗車できませんので注意しましょう。

 

 チャモロビレッジへのシャトルのバスはタモントロリーの様な赤いバスではなく、グアムの普通の観光用バスのフロントに、チャモロビレッジナイトシャトルの表示してあるバスが運行されていました。

 

 私たちがチャモロビレッジに向かいましたのは水曜日の午後6時過ぎで、チャモロビレッジへ向かう方のスタートする時間だと思われました。

 

 グアムプレミアムアウトレットからナイトシャトルに向かう人が通常のタモンシャトルに乗っての移動が始まり、混むこともありますので時間に余裕を持つか、早めの行動がお薦めです。

 

--------- スポンサードリンク ---------

チャモロビレッジナイトマーケットのツアーについて

 チャモロビレッジのナイトマーケットを楽しむオプショナルツアーもあります。

 

 ツアーの内容はナイトマーケットの往復の送迎のみのもの、ナイトマーケットに行くまえにチャモロビレッジがあるアガニャのスペイン広場、大聖堂、ラッテストーン、スペイン古橋などを散策するツアー、グアムで人気のレストランで食事をしてからナイトマーケットに行くツアーがあります。

 

 散策が付いているツアーは日本語での説明がありますので、個人ではあまり行かない観光地の説明をしっかり聞くことができます。

 

 食事付きのツアーはタムニングにありますシーフードシェフにて食事を楽しむのですが、シーフードシェフは美味しいので、チャモロビレッジで人気の屋台で長い列を作って食べるよりも良いかもしれません。

 

 シーフードシェフを利用する場合は無料送迎がありますが、やはりタムニングという場所にあるため利用しにくいレストランですから、こういったツアーの際に利用するといったことも良いと思います。

 

 個人でナイトシャトルバスにて行かれた方は、ホテルへ帰る際のバスに乗るのには混雑しますので、長い列に並んで待たなければならないのですが、ツアーでしたらすぐに帰りのバスに乗ることができますので、その点ツアーは良いと思います。

 

 ナイトマーケットツアー

 

 食事付コース(約4時間30分)

 

ホテル発⇒レストラン(シーフードシェフ)⇒チャモロビレッジ(約90分)⇒(夜景観賞)⇒ホテル着(21:10〜21:40頃)

 

 お気軽コース(約3時間30分)

 

ホテル発⇒(食事付コース同乗)⇒チャモロビレッジ(約90分)⇒(夜景観賞)⇒ホテル着(21:10〜21:40頃)

 

 こちらのツアーの食事はチャモロビレッジにて、各自となります。

チャモロビレッジナイトシャトルの帰りのバスについて

 チャモロビレッジからの帰りのシャトルばすについてもやはり8時頃から乗車のための列ができ、スタッフによる乗車の整理があります。

 

 その時の状況にもよると思いますが、私たちはホテルに帰るのにバス停で待って一台目のバスには乗れず、2台目のシャトルバスに滑り込み乗車ができたのですが、約20分ほど並んで待つことになりました。

 

 バスには私たちが待っている間にも長蛇の列が出来ていきましたので、待ち時間が待てない方はタクシーで帰られる方もいました。

 

 グアムのタクシーは結構高いので、タモンの近いホテルまででも60ドル以上すると思います。

 

 シャトルバスですとチャモロビレッジまで1人往復で7ドルですので、格安にナイトマーケットに行くのでしたら、多少の待ち時間などはしょうがないことと割り切りましょう。

 

 シャトルバスを利用しようという方は、時間にゆとりを持ってのチャモロビレッジナイトマーケットへ行かれることをお薦めします。

ナイトマーケットの様子と感想

 
Photo courtesy of Guam Visitors Bureau

 

 チャモロビレッジのナイトマーケットに実際に行った感想は、グアムローカルの方が楽しんでいるお祭のようなものということが実感出来るものだということです。

 

 グアムのローカル料理であるチャモロ料理などの食べ物の屋台や、お土産物の屋台が数多く出ていて、熱気があります。

 

 ナイトマーケットで人気のあるプレートランチの屋台にはローカルの方が10人ほど並んでいるところもありましたので、きっとおいしいんだろうと思い、並んでも食べてみたいなとも思いました。

 


Photo courtesy of Guam Visitors Bureau

 

 メインパピリオンでは生バンドの演奏も行われていまして、ローカルの方がダンスを楽しんでいました。

 

 ステージではダンスのアトラクションも行われていまして、観客から選ばれた方がステージでチャモロダンスの格好をさせられて、ローカルの方と一緒に盛り上がっていました。

 

 観光客のためというよりも、ローカルの方が思い切り楽しんでいるといった様子の、チャモロビレッジのナイトマーケットは、グアムを感じられます。

 

 私たちはナイトマーケット観光と共に、夕食をチャモロビレッジにあるジャマイカングリルで食べようという予定でしたので、ナイトマーケットのローカルな雰囲気と、格安でおいしいジャマイカングリルの料理が楽しめて、とても良かったと思います。

 

 チャモロビレッジナイトマーケットの楽しみ方のお薦めは、グアムローカルの食事を楽しむといった予定での訪問がお勧めです。

チャモロビレッジナイトマーケットの様子が分かる動画

 

 

金曜日のナイトマーケットについて

 水曜日のナイトマーケットが大盛況でしたから、ナイトマーケットが一時期に金曜日にも行われて、シャトルバスも金曜日に対応したのですが、金曜日のナイトマーケットが盛り上がらなかったため現在では中止となっています。

ナイトマーケットのお薦めレストラン

 ナイトマーケットではおいしそうで、人気があるためか列が出来ている屋台のプレートランチもお薦めですが、常設のレストランでの食事もお薦めです。

 

 我が家のお薦めはジャマイカングリルとチャモロアイランドバーベキューです。

 

 もちろん屋台のプレートランチも美味しいところはあるのですが、安定して美味しい料理を食べたいのでしたら、この2店舗はお勧めです。

 

 屋台の美味しさはローカルの方の列の長さでわかると思います。

シャトルバスの状況について

 チャモロビレッジナイトシャトルはDFSギャラリアとグアムプレミアムアウトレット、レオパレスから出ています。

 

 もちろんシャトルの乗車はDFSからの方のが多いので、グアムプレミアムアウトレットの方が近いホテルに宿泊の方は、通常のシャトルバスで移動しておいてGPOで乗車しましょう。

 

 DFSおよびグアムプレミアムアウトレットからのナイトマーケットへ向かうシャトルの最終便は午後7時30分で、最終便ですとナイトマーケットは1時間ほどしか楽しめません。

 

 ナイトマーケットは午後9時30分まで開催されていますので、帰りはタクシーで帰るという方でしたら、遅めの時間の空いたシャトルバスで行くのがお薦めとなります。

 

 ゴールデンウイーク、お盆、年末年始などのナイトマーケットが混むと思われるときは、シャトルバスに乗るのにかなり並ばなければならないことがあります。

 

 こういった時期は割高となりますが、ツアーやタクシー利用がお勧めです。 

 

グアム旅行に参考になる楽天トラベルの情報はこちらです

グアム旅行やサイパン旅行でお得な旅行プランを探すのでしたらこちらの楽天トラベルのサイトはしっかりチェックしましょう。

お得な期間限定のセール品や楽天限定のプランをお見逃しなく。

優雅に海外旅行を楽しみたいのであれば、やはりビジネスクラスを利用してエコノミークラスとはレベルの違う機内食や優先サービスも楽しみたいものです。

空港でのラウンジサービスやグアム空港での優先搭乗サービスは一度体験するとビジネスクラスしか利用できなくなります。

個人手配旅行を醍醐味はホテルの良い部屋の格安な宿泊プランを見つけることです。

ツアーでは泊まれなかった宿泊代金が高い部屋がリーズナブルに宿泊できるプランや、朝食付きなどお得なプランがあるかもしれません。

個人手配旅行でしたら格安航空券を見つけて、その分を高級ホテルの部屋で宿泊するといった旅行にすることもできます。

楽天でしたら格安航空券を見つけたら安心して購入することができます。

グアム旅行の楽しみはやはりきれいな海で、シュノーケリングでもそのきれいな海を堪能することができます

グアムのホテルはビーチリゾートらしくプールも一日中楽しめるホテルが揃っています

グアムのホテルには豪華な食べ放題のレストランも多くあり、どこのレストランも美味しそうで選ぶのがまよってしまいそうです

きれいな海の景色を楽しみながらゆっくり滞在を楽しめるホテルを探しましょう

この記事では楽天に掲載されている商品をご紹介させていただいています